スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATF交換

2008.02.24 Sun

シフトショックが気になってきたのでATF交換をした。
08.02.23ATF交換 020

CXを手に入れてからATF交換をするのはこれで4回目。2回目の時はATFフィルターを交換したが、労力が掛かった割りにフィルターの汚れがほとんど無く肩透かしをくらった事もあり、まめにATFを交換していればまぁ大丈夫だろうと思っています。
PICT0018.jpg
以前ATFフィルターを交換した際のスナップ。あぁ、この時キックダウンケーブルを交換しとけば良かったなぁと、写真を見るたび思い出しますなぁ・・・ 08.02.23ATF交換 023
ミッションケースのドレンよりATFを排出。
08.02.23ATF交換 024
後ろのドレンからも排出。
1回の作業で約2.5LほどATFが排出出来ます。
08.02.23ATF交換 027
透明感などまったくないなぁ。
08.02.23ATF交換 029
2箇所のドレンを閉め新しいATFを2.5L注ぎ、エンジンを掛け3~5分走行。途中バックでも走行します。
ウマを掛けてでの作業ならば、ウマを掛けたままエンジンを掛けてシフトレバーを動かした方が作業効率効率が良いが、スロープを使ったので走行した。

走行後、もう1度上記の作業を繰り返す・・・。
08.02.23ATF交換 032
銅ワッシャーは新品に。

2回目の作業が終わったら、ドレンボルトを閉めスロープ(ウマ)から下ろし、新しいATFを2L注ぎエンジンを掛けたまま(Pポジション)ゲージにてオイルレベルを確認し足りなければ必要量足します。ゲージのレベルは冷却時では下の線までに留めます。くれぐれも冷却時に上のレベルまでATFを入れないで下さい。オイルは温まると膨張しますので、冷却時で上のレベルまで入っていると明らかに入れすぎとなります。

作業の参考にしているシトロパパのサイト。

ATFは現在yacco DⅡを使用してます。1~2回目はTOYOTA DⅡを使っていたんですが、(安いしね)3回目に薦められてyaccoを使ったら、フィーリングが良かったので。しかし、yaccoは高い、販売店が少ないと苦労します。今回の入手もyaccoを使用している整備工場で小分けしてもらい、軒先を借りて作業しました。

作業時間約1.5時間(トロイなぁ)
スポンサーサイト

コメント

*

yaccoですかいまはペールでしか手に入らないんですよね。ちょっと試したいんですが値段がねえ。
今はTOYOTAD2です。

*ペール缶

ルーフキャリアさん>

今時yaccoペール缶の値段は凄いですよね!今回は小分けしてもらいましたが、それでも明細見てビビリました…。
TOYOTA DⅡは日本全国何時でも何処でも手に入るし、価格もリーズナブルですね。4L缶で手に入るのもグーです。

これ以上価格が上がる様であればTOYOTAを含め他のブランドを検討しなければ…。

*しのブーさん申し訳ない・・・

>しのブーさん
ボケッとして、しのブーさんのメッセージを削除してしまい、申し訳ありませんでした。

以下、しのブーさんのコメント

「私はワコーズのD2を使ってます。ペール缶です・・。2万はしなかった・・よなぁ?」

yaccoタカスギ!「ふうわわ/L」はつらすぎますねぇ、以前勤めていた事務所のクラッシック・レンジのATF交換の際、ディラーが「DⅡが手に入りません」と泣き言を言った時に
私が捜したワコーズDⅡを使って交換した事がありますが、調子良かったのを記憶してます。

次回の候補はワコーズDⅡにしようかなぁ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/77-42352224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。