Homeスポンサー広告メンテナンス・エアコン>一歩進んで五歩後退・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩進んで五歩後退・・・

2007.07.22 Sun

師匠T氏にコンプレッサー及びホースのフィッテイングを依頼中につき、私の方も何とかせねば申し訳ない。
どうせエアコンに手を入れるのなら、エバポを含めた内部の清掃せねば、といざ挑戦。

20070722210539.jpg
シートを外す。(既にジャッキアップして、ウマを掛けてます。)
20070722215108.jpg
センターコンソールを外す為にネジと言うネジをひたすら外す。外したネジはパート別に整理。
おっと、外した配線に荷札を付けておかないと!
作業都度デジカメで記録写真を撮る。
20070722210556.jpg
この先はグローブボックスやステアリング下のケースを外さないと、エアコン本体が外せないので、ボンネット側よりアクセス。

おっと、その前に、クーラントを抜かないと!
20070722210808.jpg
ラジエター下側のドレンボルトを外し、リザーブのタンクを緩めると、勢い良くクーラントが出てきます。
LHMと見分ける為に赤色のクーラントを使用してます。

さて、出きった様だし銅ワッシャーを新品に換え、ドレンボルトを閉めようかな~っと、新品のワッシャーだし、ちょいときつめにっ~と、ポキッ…え゛っ……、 
20070722210827.jpg

うっそ~!そんなに力入れてねぇぞ!2年前にOHしたばっかだぞ…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドレンボルトの根元から逝ってしまった!(ホント!そんな力入れて無いって!)
師匠達に電話しまくり…と言ってもどうにでもなる訳でもないので、エアコンのバラシは急遽中止、速攻でラジエターの取り外しに掛かった…。
20070722212017.jpg
クーラント跡が涙のようだ…。

パンドラの箱へは、辿り着けなかった。はぁ~…
スポンサーサイト

コメント

*はじめまして

お疲れ様です・・・

言い忘れましたが、ジャベルも高崎ラジエーターだと思い出しました。
薄い物でも上手く溶接するので有名です。

もし、ヒーターコアに漏れを確認しましても、溶接はしないで下さい。パッキンが熱で溶けるかも知れません。場合によっては、1度なら開口して国産のOリングを合わせ中を点検・清掃可能かも知れません。

折角水路も開いているので、サーモのネジを計って見て下さい。ハウジングから突き抜けている分を引算して、ステンのヘックスネジに付け替えるとネジが途中で折れる事は少ないと思います。ケースはそのままでしたら、ガスケットはそのままで良いと思います。
宜しくお願いします。

*補足

一晩CRC漬けにしてのビクともしない様でしたら、止めて置きましょう。3本廻る様でしたら、1本だけサンプルとして抜いて下さい。

*あらら!

ドレーンの根元から取れてしまったようですね。
もしかしてこの件で昨日お電話頂いたとか?
慌てず騒がずラジエータ屋さんへ直行です。

それにしてもそんなに力を入れていないのに取れてしまったならドレンの取り付けが甘かったのでしょうか?
もしくはラジエータ取り付け時にちょっとぶつけたとか?
多分ここは半田か何かで継いでいるだけなのではないでしょうか?

ラジエータは真鍮で出来ているので、開口部等突き出ている部分をちょこんとぶつけただけでヒビが入ったりします。
水周りやエアコンのパーツは意外にデリケートなので注意しましょう。

*

おぉ、T氏。そんな固有名詞を…。でも、ビンゴ!でした。一通りチェックし直してくれるそうです。
サーモのネジは以前取外し、耐熱グリスを塗っていたので楽に外せるはずです。長さをチエックしておき、ステンレスネジを探しておきます。

K氏さま。仰る通りですね。せっかく取外したので、しっかりチェックしてみます。
今度K氏さまを紹介(師匠として!)紹介しますので、覚悟して置いてください。(笑)

*そんな・・・

師匠としてだなんて、O氏やT氏に比べれば大したことしていませんから・・・。

*いえいえ

K氏さま、アヤめた数の事ですから(笑

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/7-0f51adf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。