Homeスポンサー広告徒然>ブラウン管で見せてよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウン管で見せてよ

2007.10.22 Mon

偶にはCXネタ以外の事を。

現在、ブラウン管テレビを愛用しているんです。
それが、とうとう壊れた。Y・M・C、のM・Cが死んで、Yのみ…。
専門用語で申し訳ないが、要するに、画面がまっ黄っ黄になってしまったんです。(泣)
お陰で、唯一楽しみにしていたF1中継で、車の色が目茶目茶だった。
(しかし、最終戦は凄かったですねぇ。皆さん観ました?)

SONYプロフィール・プロと言う、当時民生(市販)テレビの最高峰モデルだった。
自分で買った訳ではなく、仕事の師匠からのお下がりだが、
色再現忠実さや、ナチュラルな見易さはとても気に入っていた。
デカさや、重さは別としてね。

プロの間でも評判は良く、ちょっと前までは、プロ用業務モニターの隣に民生モニターとして比較するのにも使用されてた位だった。

最近のプラズマや液晶はワタシが感じるに、どうも目に痛い感じがして、目が追いつかない感じが拭えないですよ。

映画館でみた映画と、DVDを液晶やプラズマテレビで見たときの違和感…。
DVDをブラウン管で見ると、フィルムで撮影した良さ(奥行き)が伝わるが、薄型でみたら、これビデオで撮ったんじゃない?とさえ思わせてしまう感じ…。

個人的な意見で申し訳ないが、デジタル機器での表現は、生理的に受け付ける限界を超えている様な気がしてならないんですねぇ。
モチロン、今後の技術の向上によって、私好みの薄型テレビが出来るかもしれませんがね。

時期の購入候補にソ○ーのQUALIA Q015-KX36(最後のブラウン管最高峰民生モニター)てなもんを、お金があれば買うけれど、もう生産終了だし、中古でもメチャ高だもんねぇ。

まぁ、これを機会に暫くテレビを見ない様にしようかな。


グダグダと書いてしまったが、要するにデジタルがあまり好きではナイノデス…。
デジカメや、i-Pod…モチロン使ってますが、なんか愛着が持てない…。

どう、思います?Y師匠・K師匠。(笑)






スポンサーサイト

コメント

*モニターですか!

それは不便ですね!

ひげクマ現有は、SONY・Kw-32KDF9です。36は次世代から出現。

ブラウン管なら中古のみ、KD-36HR500ならば新しいほうです。それで無ければリアプロ50・60A2500(現役機)か1世代前の42・50E1000で4年後の2011年まで我慢するかですね!

*不便と思うから、不便?

>ひげクマさん

KD-36HR500って、WEGAシリーズでしたよね。実は持っていたのですが、実家にあげちゃったんです。プロフィールをあげようかと思ったんですが、チューナー内蔵で無いしね。
ブラウン管はSONY派なんですが、現行のプラズマ機や液晶機については量販店で覗く限りでは、私の好みじゃないし…。

まぁ、テレビが無くても生きていけますから、暫くは無くてもいいかなぁ。なんてね。(笑)

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/55-67b3a003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*

F1モデルF1モデル(えふわんもでる)とは、2005年5月よりフジテレビで放送が始まったフォーミュラ・ワン|F1情報番組。「女性のためのF1情報番組」をコンセプトに、テクノロジー等の解説を極力排する一方で、主にF1ドライバーの素顔やヨーロッパの上流階級の社交場としてのモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。