Homeスポンサー広告メンテナンス・内装>地味な作業は忍耐が必要

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味な作業は忍耐が必要

2007.09.19 Wed

内装の張替えなら楽勝だろうと作業に掛かるが…、そんなに楽じゃないですなぁ。

天井の布を剥がすと…なんじゃこりゃ!
まぁ、なんとお粗末な張り方でしょう。恐らく、1度張替えた事があるようですな。
生地とボードの間に、食器などを梱包するシートが張ってあった。接着剤も、申し訳ない程度しか付いてなかった。コレじゃ浮いてしまうのも当たり前ですなぁ。まぁ、その分剥がすのは楽だったけどね。
20070919230904.jpg
その分、ピラー部の状態はオリジナル状態らしく、ベトベトの接着面を剥がすのに苦労した。
スクレパーで地道に剥っていくが、スクレパーも手も床もベトベトになる。剥離剤を使えば良かったのかなぁ。
ピラーの割れた部分は、裏からプラパンを張り、ヒビの部分はプラリペアで塞いだ。
20070919230957.jpg
接着剤は何にしようかと迷ったが、コレにした。師匠のアドバイスは「G-17」だったが、広い面積を接着するにはスムーズにボード面と布面を塗らないとならないですよね。
「G-17」をアセトンで薄めて使う技もあるそうだが、自信ナシ。
お店の人のアドバイスに従って、塗りやすさで「G-10」をチョイス。
20070919230836.jpg
はたして上手く塗れるのか?
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/41-117b6496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。