Homeスポンサー広告メンテナンス・車検>2度目のユーザー車検

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目のユーザー車検

2010.04.06 Tue

10.4.05備忘録 012
車検に臨みます。
昨日洗車しようと思っていたのですが、予報で雨が降るのが判っていたので洗車はしませんでした。
エンジン下周りだけは、パーツクリーナーを吹っかけておいた位です。

車検場に行く直前に、テスター屋で光軸調整(2,600-)のみ済ませてっと…


100405_1023~01
先週修理から上がったデジカメが、再び不動に…
携帯のカメラでパチリ。

年度末が過ぎたからでしょうか?雨だからでしょうか?ガラガラです。
暫定税率の恩恵を受ける事無く(泣)キッチリ重量税を納め、手続きを済ませラインに並びます。

車体番号、エンジン形式、ウインカー等灯火類の検査を受け…
100405_1040~01
例によって、この先写真を撮るゆとりナシ。

・光軸→OK(当たり前か)
・スピードメーター→OK(以外に正確ねと関心)
・ブレーキ→OK(楽勝か?)
・サイドブレーキ→OK(調整した甲斐がありました。想像以上の効きで、裏技の必要ナシ)
・ガス検→OK(検査官にCボタンを押して検査する様にと指示された。今回は、まったく調整しないで挑みました)
・サイドスリップ→NG(検査官に「かなりトーインだねぇ」と指摘された)
・下回り検査→OK

てな事で、1発合格ならず…

向かいのテスター屋でトー調整(1,050-)を行い、再度ラインに戻ります。
今度はにOKの印を頂きました。


まだまだ不具合の多い車ですが、コレでまた2年大手を振って?公道を走れますねぇ。




スポンサーサイト

コメント

*

あっさり合格おめでとうございます。うちのは6月なのでゴールデンウイークに整備しようと思っています。重量税はぬか喜びでしたねえ。

*お疲れ様です

最初っから、テスターで一式頼んどけばよかったですね。
お気づきかと思いますが、トーは足回りの分解に伴う、「ちょっとひねった」程度で変わってくるんです。

テスター屋から脇の路地に出る際に、ダッジの時は難儀したなぁ・・
海岸通りから陸事に入るのも、いい方法はないのかしらね?

*なるほど

まずは、なにより合格おめでとうさんです。
これでまた大手を振って乗れますね!ヨロシクお願い申し上げます(って何を?…笑)

で、omuraisucxさんのクルマは先日も見せていただいていたので、思うところで言うと、
今回のサイドスリップの×は、やっぱり例のステアリング?のガタが原因ではないでしょうか。

先週、拝見したときにも「おかしいね?」と申し上げたと思いますが、ジャッキアップした状態でフロントタイヤがかなり揺さぶれてしまうのは、妙に思います。
あれの原因が、本当にラックの遊びなのか、それともロアアーム(やアッパーアームなど他の部分)のガタが原因なのか、よく見てみる必要があると思います。
あれだけガタがあるとサイドスリップは、テスターに乗るたび数値が変わってしまうのでは?と思いますよ。

ボクの長崎号は、ジャッキアップした状態でタイヤを揺すっても
ほとんど動かないはずです。
こんど、うちにあるヤツそれぞれで見比べてみましょうか。

うん、まじめな話。

*Noあっさり

>ルーフキャリアさん
いや、そんなにあっさりじゃないんですよ~
試験・検査というものに苦手でしてねぇ。今後も苦手意識は消えないでしょう(笑)

*テスター屋

>しのブーさん
なんか費用をケチろうと思うと、こんな結果・・・
初めからセットでお願いしておけば良かったですね。

昨年、ステアリングラックをOHした際に、タイロッドのマーキングをせずに適当に組み付けたツケが先日の記事のタイヤの偏磨耗と相まって来たなぁ、と反省しています。

しかし、品川陸自とアソコのテスター屋の行き来は、難しいですよね。ワタシも良い方法を教えて頂きたいものですねぇ。

*まじめな話

>やなぎはらさん
車検に合格したのは、まぁ良しとして・・・

あの足回りでは、ホントに大手を振って乗って良いのかしらん?と、今日も乗りながら考えておりました。

近い内に長崎号を検証させて下さいまし。

*

 向かいがテスター屋ってのがいいですねぇ。
奈良のテスター屋さんは数少ないし、陸自からも結構遠いのよ~

 ジャッキアップしてガタを見るのはKazさんがよくやってますね。
どんなクルマでもちゃんとしたのは殆どガタ無いみたいですよ。

*ガタ

>RIさん
ワタシの知っている限りでは、品川陸自近辺では、ソコ1件しか知りません。
あまりにも真向かいにあるので、とっても行き難いんです。

ジャッキアップしてタイヤを振っただけでガタがある車って、CX以外に知りません(笑)
ぜ~ったい何所かがイケナイのです。
目星が付いているんですけど、「やゅぱりソコか」と言う所は、ワタシにとって最難関の場所なんで・・・

*

昔 ラインに並ぶ時 大型のパネルバンの後ろにならんでしまって
各検査の表示が見えなくて、不合格になったことがあります
早くラインを通したくて、焦ってしまいました まあ再検査はOKでしたが・・・・

サイドスリップは車高とも関係があって、車高変化に
伴ってキャンバは
変化しますのでそれを想定して
適切なトー値を設定する必要があります。
サイドスリップは低μ路面での直進性にも影響があるので
適正値にするにこしたことはありません。

*

>mynさん
mynさんでもそんな焦りがあるとは・・・(笑)

ハイドロ車は車高が替えられるので、走行ポジションの「ハイ・ロー」のどちらでトーを調整すればベストなんでしょうね?
普通に考えると、普段良く使う「ロー」ポジションでアライメントを取るんでしょうね。
以前、四輪アライメントテスターでトー調整した事がありますが、「ハイ」でないと、後輪の計測器が付かなかったので、「ハイ」でトー調整した事があります。

今は足回りの整備に宿題が残っているので、宿題を克服出来たら再調整してみようかな。
イツになるやら・・・ですが。

*

焦りますよ 地味に・・・・笑い
やhり ノーマルハイトでの調整が基本だと思います。
簡易的なサイドスリップの確認には 濡れ新聞紙が使われます
濡れ新聞紙を路面に置いて上に前輪を通過させて、状態を観察
します。

*濡れ新聞紙

>mynさん
濡れ新聞紙を使って調整を行なった方の作業を手伝った事がありますが、当時のワタシにはチンプンカンプンでした。

今なら多少理解出来る位まで成長した(はず)ので、機会を見て挑戦してみようかな。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/233-c633d8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。