スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタシの場合・5

2009.02.01 Sun

やっとこさ組付けが終わりました。

さぁ、緊張の一瞬です。

馬を掛けたままの状態でエンジンを掛けると・・・。


ぐる~んとステアリングが、1回転しました!
笑って良いんだか、泣いたら良いやら・・・。

09.01.08~11整備 076
床下を覗いてみると・・・

あらぁ~、噴出してる!
画像では解り難いですが、結構な勢いで噴出してます。
写真のブレは、動揺している証拠。まぁ、冷静にシャッターなんか切れません。

09.01.08~11整備 075
直ぐさまエンジンを切り、噴出箇所を捜すと、ラック右側の高圧配管より漏れていました。
気を取り直し、再度挿し直しますが、なんか気持ち良くナットが入って行きませんなぁ。
そうこうしている内に、ナットの頭をナメてしまった。これ以上締め込むのは、ラック本体側の雌ネジにダメージが出るかもしれないと、此れ位にして再度エンジンを掛けるが、先程の量程では無いがLHMがポタポタと流れ出る。高圧配管の調達が必要だな・・・。
レンタルガレージで作業している以上、これ以上この場に置いていられない。
さぁ、どうしたものか?

幸いにも、大量に噴出している訳ではないので近距離なら自走可能と判断し、この近くでCXを置かせてもらえる所といえば・・・そう、takacxさん宅しかない!
仕事中のtakacxさんに連絡し事情を話すと快く引き受けて下さいました。

09.01.08~11整備 080
takacxさんが迎えに来る前に、ステアリングの直進性だけでも直そうと、カップリングを外し、修正を試みます。取り外す前にマーキングをする重要性を痛感する瞬間ですなぁ。
結果的に、takacxさんが迎えに来るまでには完全に直せませんでした。ちょっと右向き。まぁ、待たせる訳にも行かないので、このまま自走する事にした。
マフラーの遮熱板などはこの際無視。

いつも、軽くステアリングに触れながらの走行とは大違いの緊張の連続、スピードも上げられない状態でしたが、それでもドライブシャフト交換・フロントアッパーベアリングの効果は体感しましたよ。

かくして我がCXは、takacxさんの駐車場にフロントに馬掛けたままの状態で預ってもらっています。

後日、やなぎはらさんとの松山遠征時に、お手伝いのお駄賃として高圧配管を譲り受けましたが、
此処の所仕事が忙しく、未だ作業に掛かれない状態なのであります・・・。

takacxさん、もうチョット待っててください・・・。(汗)

スポンサーサイト

コメント

*あい

何も出来なくて・・・

僕のは2月の初旬にと言う話を貰いましたが、従業員が辞めてしまったりとか言ってまして また無理してもアレなので2月中で良いと言って来ました。

*了解

中旬までには何とかしますね。

*高圧配管

一通りありますよ。

*Re:高圧配管

>シトロパパさん

という事はもう1回位、失敗しても大丈夫ですね?。(汗)

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/153-88aceb85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。