Homeスポンサー広告メンテナンス・エアコン>細腕が役に立つことも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細腕が役に立つことも・・・

2008.10.13 Mon

08.10.12大石さんc-matic整備 008
何処かで何度も見た様な光景だが、自分のCXではありません。

連休の初日、新世界さんのC-maticのセンターコンソールをバラシタところ・・・。

新世界さんのエアコンは良く効くそうですが、過去の整備の際にエアコンサーミスタ(サーモスタッド)のキャピラリー管を破断してしまったそうで、独自で手動でエアコンのクラッチが切れる様にスイッチを増設していたそうです。既に純正のサーミスタを手に入れていたのですが、ここら辺をイジルには腰が重かった様で、「美味いもの食いましょう」のメールに釣られ、ノコノコと手伝いに行ってきました。

2、3時間で終わるな~と算段していたつもりが・・・
センターコンソールを外すウチに自分が昨年作業した時の苦労を徐々に思い出してきた。

結局、エアコンユニットを取り外す事無く、サーミスタのキャピラリー管がユニットの外側からエバポレーターの位置に差し込む穴までアクセスするには、ハンドル下と助手席のコンソールも外す必要があった。ユニットを外せば簡単だか、大事になるのでそれは避けたい。
エアコンユニット分解 015
これは、昨年自分のCXのユニットを外した時の写真。
サーミスタのキャピラリー管はこの様にユニットの外側より刺さっています。刺さっている内側がエバポレーターですね。
08.10.12大石さんc-matic整備 011
この写真が理解出来る方は、相当濃い方ですね。(笑)
左右のコンソールを外すと僅かに覗けるこの管がキャピラリー管です。
車載状態だと隙間が殆ど無いのですが、ここで役に立ったのが、私の女性なみの細腕!

手探りで古い管を抜き、点検ミラーと指の感覚で、差し込む穴の位置を確認しながら慎重に、新しい管を差し込んでいきます。管をなるべくエバポレーターの中心部まで差し込む必要があるので、どれ位入ったか確認しながら少しづつ作業を進めます。

程よく差し込めた状況を確認して、コンソールを元に戻していきます。
但し、サーミスタスイッチの配線に若干変更が施されていたので、最後の詰めは新世界さんにお任せする事に・・・。

しかし、他人様の車をイジルのは緊張しますねぇ・・・。

081012_1657~02
おまけ。

翌日、新世界さんのバイク仲間が遊びに来た。
おぉ、これなら欲しいかも・・・!
スポンサーサイト

コメント

*楽しそうな!

美味しいモノでも食べるという話なら、お邪魔したかったなぁ。
どうも、この9月10月、連休という連休が全て仕事で全く身動きがとれませんでした。

また遊びましょう!

*楽しい?

>やなぎはらさん

「美味しい物」…こう言う殺し文句に弱い私です。(笑)

昼間に芝生の上で飲む麦酒、美味いツマミ。とても良い季節ですね。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/129-23a22477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。