Homeスポンサー広告メンテナンス・その他>再度ドライブシャフトを抜く・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再度ドライブシャフトを抜く・・・

2008.07.13 Sun

整備08.07.12 005
前回ドライブシャフトを抜いた際に出来なかったロアエンジンマウント交換を行った。
場所はO師匠宅をお借りした。

O師匠は、自身のC-maticの整備を行っていたので、場所とコンプレッサーをお借りし、作業開始。
整備08.07.12 003
前回の作業では、アッパー・ロア・タイロットのボールジョイントを外したが、今回はロアのみ外しただけでドライブシャフトを抜く事が出来た。あっ、アンチロールバーリンクの上側は外さないとドライブシャフトは抜けない様です。
整備08.07.12 008
ドライブシャフトが抜けたので、マウントのボルトを外し、エンジンオイルパン下に当て木をしてジャッキアップ。
整備08.07.12 010
エンジンマウントを抜き出すには、4cm以上エンジンを持ち上げないとなりません。他の場所に干渉しないか確認つつ慎重に作業します。写真はマウントを外した後です。
整備08.07.12 006
写真右が外したマウント。左が新品のマウント。
整備08.07.12 007
マウント自体は大して潰れていません。
2年前に交換した物ですが、純正品ではなくOEM製です。ゴムの素材が違うのでしょうか、持ちは良いのでしょうが、振動が吸収と言う意味では純正品に分が有る様です。当たり前か・・・。
整備08.07.12 011
新しいマウントを装着後、ジャッキアップしているエンジンを下げ、エンジンの位置を修正しながらを固定ボルトを装着するのですが、これが上手くいかない。1人じゃラチが上がらず、O師匠に位置決めを手伝ってもらいます。

今回の作業は、毎度ながらシトロパパさんを参考にしています。

ドライブシャフトの装着まで作業が進んだところで、雷雨(と言うか、ゲリラ豪雨か)に遭い、作業中断。
回りに散らかした工具類他、自身もずぶ濡れになったが、20分ほどでウソのように雨が上がり、残りの作業を仕上げた。
ずぶ濡れのツナギで作業すると、身体が鉛の様です・・・。

片付け後シャワーを借り、その後はO氏家主宰のBBQで腹一杯ご馳走になりました。
いゃ~旨かった。

帰り道ロアマウント交換後の印象ですが、振動は激減し、久々に優雅な乗り心地を味わえた気分です。

雨に降られなければ、セルフセンタリングの調整も行いたかったが、それはまた今度に。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://omuraisucx.blog113.fc2.com/tb.php/107-dd0e659a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。