Home>2009年04月17日  TotalPages2 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神輿担ぎ・補足&その後の乗り心地

2009.04.17 Fri

前の記事で、ボディとフレームを分離する時の下準備として、

・ブレーキバルブが車体側に付いているので、固定ネジを外し、フリーにする。
・シフトのリンケージを外してフリーにする。


と、いう記載を忘れてました。コレを忘れるとエライことになりますので、念の為・・・


で、マウント交換後の印象ですが、
まず、ステアリングに伝わる振動が減少し、シフトをA(D)に入れたままの信号待ちでの振動が減りました。
信号待ちで、内装などの共振によるカタカタ音が気にならなくなりました。(笑)
一番感じるのは、サスの動きが良く解る様になった事でしょうか。
何というか、以前はボディ全体がしなっていた印象だったんですが、以前よりボディがシッカリした感じになり、その分、前後サスの動きが良く解る様になったという印象です。

高速を走っている時など、以前と同じ速度域で走ってもスピード感が減り、安心感が増したのも大きな収穫です。

松山で作業をしていた際、他の部分で不具合を幾つか発見したのですが、そこら辺を調整すれば更に良くなるんじゃないかなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。