Home>2007年09月11日  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナントカエンジンカカッタ

2007.09.11 Tue

内装も、ほぼ組み上がりました。
ついでに水温計&電圧計をステアリング下に取付けた。

ヨシムラデジタルメーター。このシリーズは何種類かあるのだが、水温計+電圧計のタイプをチョイス。
本来なら、上のデジタル時計の所に付けるのが定石でしょうが、あいにく時計が正常に作動しているので、その下にステーを作り取付けた。

下すぎて見難い?アクセル操作の時に邪魔か?と思ったが、まぁ大丈夫でしょう。

電源はオーディオのプラス電源より拝借。

20070910225845.jpg
水温計のセンサーは此処に。
ラジエターのアッパーホースからなので、正確に測れるでしょう。タブン。

さて、ステアリングを取り付け、クーラント& LHMを投入。
バッテリーを繋げ、2ヶ月ぶりにエンジンを掛けよう。
結線はちゃんと元に戻せたか?クーラントホースのバンドの締め忘れがないか?等々、少々ビビリながら、イグニッションをひねる。

おぉ、オイル残量計がちゃんとうごく! コレだけで感動。やっぱり、センサーユニットがちゃんと結線されてなかったのね。水温計&電圧計も正常に動くようだ。始動前の電圧は12.7V。2ヶ月も動かしてないんだから、こんなもんか。

恐る恐る、イグニッションを更に捻る。…呆気なくエンジンが掛かった。ホッ。電圧はアイドリングで14.5~6Vに。

さぁ、クーラントのエア抜き。ウォーターポンプのエア抜きネジを緩め、エアを抜いて…。順調、順調。クーラント約5.5L。

あれ~っ、車高が上がんない。焦ってT師匠に電話…。
「あぁ、エア噛んでますね。」 はっ、そうだそうだハイポンプに「呼び水」ならぬ「呼びLHM」をするのを、すっかり忘れてた。2年位前にもO師匠に問合せした事をすっかり忘れてた…。
T師匠曰く、「ハイポンプのリターンホースを口で吸うと手っ取り早いよ。」そんな荒業は流石に…なので、リターンホースよりスポイトでLHMを流し込み、再度取付ける。再度エンジン始動…。おっ、車高が上がった!
車高をハイポデションにして、足りないLHMを補充。合計約2.5L補充。

まぁ、これで自走出来ますなぁ。

T師匠にお願いしているエアコン関連は、やや難航している様だ。
まぁ、もう涼しくなるでしょうから、気長に待ちましょう。

げっ、オーディオとETCが動いてないや!もう一度結線の確認だ…。(汗)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。