Home>2007年09月07日  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまえは既に・・・

2007.09.07 Fri

サーミスタの構造をエアコンメーカーの人に聞いてみた。
小学生が大人に質問するような無謀さだった様だったが、親切に答えてくれた。
が、怒涛の専門用語の波に殆ど理解出来なかった…(汗)
まぁ、理解できた事は、サーミスタの温度測定管(キャピラリーと言うらしい。)の中にはガスが入っていて、温度によって拡張弁が出たり、引っ込んだりして、スイッチの切替をするってコト。

一度管が切れるとガスが抜けて管を繋いだとしても、拡張弁が動く事は無いそうだ。

という訳で修繕は諦め、構造を見るためにバラしてみた。

上のパーツは、どうやら内外気切替のフラップモーターへのスイッチらしい…(識者の方々、合ってますか?)
20070907212132.jpg
更にバラすと、
20070907212152.jpg
これですね、拡張弁。
コイツが温度の変化で、出たり凹んだりして、スイッチを操作していた。スイッチの構造は、そこそこ複雑だが切替構造しか無く、抵抗などは無かった。

さて、これからどうしよう…。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。