Home>メンテナンス・内装(カテゴリ)  TotalPages2 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味な補修

2009.03.13 Fri

09.03.12整備 010

殆どのCXが運転席側に傾いていると思われますよね。原因は何となく解っているのですが、そう簡単に直せる所でもなさそうなので、機会をみて補修部品を捜そうと思います。

私のCXの場合、シートも傾きを若干感じます。シート自体は昨年アンコ増ししているので、車から外して座ってみると問題無いが、車載状態だと左側が下がっている感じがして、チョイ乗りなら気にならないんだけど、長時間乗っていると気になってきます。
傾いたシートに長らく座っていると、身体の左側に体重の重心が移り、左足に持病の坐骨神経痛のピリピリが走り、不快です。
と言う訳で、シートレールの下に座金を敷いて、シートの左側を浮かせる事にしました。
まぁ、車自体の傾きが治ればそんな事しなくても良いんでしょうが・・・。



スポンサーサイト

こんな時に限って台風 2

2007.10.29 Mon

続き。

テレビの調子が悪くなって以来ニュースを見ない私は、天気予報から縁遠くなってしまったらしい。ラジオは聞くが、タイミング悪いと天気予報など聞き流してしまうもんだから、「あぁ、雨か」って位に思って電車とバスを乗り継いだ。土曜はやる事が多かったので、多少無理してもサクサク用事をこなさなくては。

午前中の用事を済ませ、午後に車を引取りに行く。内装屋さんが、「台風の中、わざわざ来てもらいすみませんでしたね。」なんて言われて、あっ台風なんだと始めて知った。(ホント)

で、仕上がり具合はというと。大変満足出来る状態だった。
20071028185923.jpg
翌日に撮影。ダブルミシンの仕上げを心配していたのだが、オリジナルの縫製とほぼ同じで安心した。
20071028190004.jpg
フロントシートの後ろの仕上げも、もうしぶんない。ヘタッタあんこも良い感じに直ってた。
シートに座ると、ズルッではないシトッとした座り心地。大好きなカッ○○ナのLC2ソファに座った吸い付く様な感じ。座り心地なら、H車の社用車DSにも負けないぜ!マジ思った。(勝手に…)

台風じゃなかったら、このまま何処かへ行ってしまいたい気分だったが、次の用事を済まさなくてはと、翌週からの仕事の準備にと新宿へ買い物にCXで出向く。雨は更に強くなり、エアコンの効かない状態では、DEFファンを最高にしてもフロントの視界は悪いが、シートの座り心地が良いので気にならない。新宿で買い物を済ませ、今度は、巨匠しのブー氏宅へ向う。風雨は更に強くなり、車内のラジオは台風が関東近海を通過してると告げている。途中行くのを諦めかけたが、今日を逃すと今度は何時に行けるのかと勝手にテンションを上げ、「台風で申し訳ないですが、向います。」と連絡し、台風渋滞の中なんとか、しのブー氏宅に到着。私が以前から欲しかった、アルミホイールを譲って頂けるのだ。

20071028185953.jpg
これが頂いたアルミ。もっと早く出会っていたら、こちらを履きたかった。
純正のアルミと正確に重さを比べた訳ではないが、持ち上げた時の感覚では、明らかに軽い。近い内に履きたいな。でも、当分先だなぁ。

しのブー氏には、まだ直接指導を受けた事は無いが、伝説は数々の師匠達から聞いている。正にメカに関しては、超巨匠級。(勝手に思っています)

氏の本業の作業場を見せてもらったが、数々の巨大かつ高性能であろう工作機械のオンパレードで、知識に乏しい私は工作機械についてチンプンカンプンな話をしてないだろうかと、冷や冷やしてた。小学生に社会科見学をしてる時に工場の人から説明を受けてたが、何も理解していないのに「うん、うん」と生返事してる様な状態。(笑)

無事に帰宅してメールチェックした時に、外出中の時間にしのブーさんからメールが入っていた。
「ホイールの件ですが、台風ですから日を改めませんか? ホイールは逃げませんから。」
との内容だった。

いゃ~すみません。逃げそうに思ったので…。(笑)

こんな時に限って台風 1

2007.10.28 Sun

CXのシートの座り心地は、秀逸だと思う。ファブリックにしても、皮にしても、車のシートとは思えない位。良く出来たソファーのそれと同じ感覚を、車のシートとして採用したシトロエン。アンタは偉い。

しかし私のCXのシート、だいぶ痛みが激しい。クリーム塗ったり、ほつれた部分を自分で縫い直したり、色々あがいてみたが、ひび割れは亀裂に変わり、クリーム塗っても砂漠のごとくカラカラに乾いてしまう。
20071028185156.jpg
これは思い切って、張替えするしかないかなぁと、色々な内装屋に行ったり、電話したりと見積りを取ってみた。
どこも、値段のばらつきがあるものの「ひぇ~」という金額ばかり。
CXの内装は縫製が難しいらしい。特に、フロントシートの裏側。

やっぱり諦めようかなぁと思っていた矢先、相談に行った内装屋さんが気の毒に思ったのか、「職人は若いが、いい仕事するよ」と、1件の内装屋を紹介してくれた。
20071028185234.jpg
それが、ココ

早速連絡を取り、車を持ち込んで相談しに行った。

「CXなんですが、内装張替えたコトありますか?」
 「CXは無いですが、GSはやった事があります。」

資料を見せてもらうと、おぉ綺麗な仕上げじゃないですかぁ。

「このシート張替えたらお幾ら位ですか?」
 「皮の種類にもよりますが、コレ位です。」

おぉ、これならお願い出来るかも!と、皮のサンプルを見せてもらう。
ここら辺から、頭のネジが何個か飛び始める。(笑)

色々皮のサンプルを見せてもらい、触って、触って、触りまくる。
比較し、見積り額を聞きながら暫し悩んだ後に、CXにはオーバークオリティかと思ったが、
「ナッパーレザー」を選んでしまった。
しっとりした質感が気に入ってしまったのだ。(ハハ…)

上級の皮を選んだ割には、他の内装屋の見積りよりリーズナブル。
腕も信用出来そう。と、言う事で大勝負に出た。(笑)

注文したのが7月の末。皮の在庫が無い為にイタリアへ発注すると言う。
おりしも向こうは、バケーションシーズン。入荷するまでにだいぶ待たされたが、その間に金策に走る、走る。

シートの型を取るのに、運転席以外のシートを預け暫くは内装スカスカ状態だった。しかし、ちょうどエアコンをバラしている間だったので、バラシ作業中には助かっていた。車が動く様になってからも、荷物がガンガン乗るので助かっていたなぁ。

で先週、内装仕上げの為に車ごと預け、引取りが土曜日だった。

おりしも、東京は台風真っ盛り…。


続く…。

で、

2007.09.21 Fri

いままで、プラモデルを作ったコトが無いんです…。
正確に言うと、小学校低学年の時に一度だけ、飛行機のプラモを買ったコトがあったが、カッターで部品を切り離す際に、指を派手に切ったトラウマがあり、それ以来、まったく興味が無くなってしまった。

で、そんな人間が車をイジルとは…と、内装を張りながら思いつつ、天井を張り直していました。
20070919230930.jpg
結果は60点かなぁ。
内装張りにも下地作りの大切さを思い知らされた。

地味な作業は忍耐が必要

2007.09.19 Wed

内装の張替えなら楽勝だろうと作業に掛かるが…、そんなに楽じゃないですなぁ。

天井の布を剥がすと…なんじゃこりゃ!
まぁ、なんとお粗末な張り方でしょう。恐らく、1度張替えた事があるようですな。
生地とボードの間に、食器などを梱包するシートが張ってあった。接着剤も、申し訳ない程度しか付いてなかった。コレじゃ浮いてしまうのも当たり前ですなぁ。まぁ、その分剥がすのは楽だったけどね。
20070919230904.jpg
その分、ピラー部の状態はオリジナル状態らしく、ベトベトの接着面を剥がすのに苦労した。
スクレパーで地道に剥っていくが、スクレパーも手も床もベトベトになる。剥離剤を使えば良かったのかなぁ。
ピラーの割れた部分は、裏からプラパンを張り、ヒビの部分はプラリペアで塞いだ。
20070919230957.jpg
接着剤は何にしようかと迷ったが、コレにした。師匠のアドバイスは「G-17」だったが、広い面積を接着するにはスムーズにボード面と布面を塗らないとならないですよね。
「G-17」をアセトンで薄めて使う技もあるそうだが、自信ナシ。
お店の人のアドバイスに従って、塗りやすさで「G-10」をチョイス。
20070919230836.jpg
はたして上手く塗れるのか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。